ユーザーが手軽に情報を投稿することが出来ます。投稿された情報はUnimapのサービスやSNSを通じて共有され、有益な情報が拡散される仕組みを提供します。